緊張型頭痛はとっても厄介【慢性化しやすいから早期治療が肝心】

男性医師

頭痛の中でも特に多い

お医者さん

ストレスと姿勢が原因

頭痛持ちの人はかなりたくさんいます。頭痛にも色々な症状や原因があり、軽く考えて放置しておくと命にかかわる場合もあります。頭痛持ちの人で多いのが緊張型頭痛です。頭の横の筋肉や、肩や首の筋肉が緊張して痛みが起こります。筋肉が緊張すると血流が悪くなって、筋肉の中に老廃物が溜まりやすくなります。それによって周囲の神経が刺激されて痛みが起こるのです。精神的なストレスや身体的な疲労が原因であることが多く、いつも同じ姿勢をしている人に起こりやすいのです。一日中パソコンに向かって仕事をしている人や、長時間同じ姿勢を取っている人は注意が必要です。また、うつ病など心の病気が原因となって緊張型頭痛を引き起こす人もいます。マッサージなどを受けて一時的に改善しても、別の病気が隠れている場合があるので、病院で検査を受けることが大切です。人によっては偏頭痛を併せ持っている場合もあります。病院を受診する時には症状などをメモに記録しておいて、医師に伝えることが重要です。それによって適切な治療を受けることができます。

ストレッチで緊張をほぐす

緊張型頭痛の特徴は、長時間同じ姿勢をしている人がなりやすいという点です。できるだけストレッチをしたり、肩や首の血行が良くなるように工夫することが必要です。休憩をする時には両肩を上げてストンと落とす運動をすると、リラックス効果があります。首を左右にゆっくり倒す運動をしたり、椅子に座ったまま前屈運動をするなどの工夫をすると、緊張をほぐすことができて肩や首の血行を良くすることができます。また枕の高さも影響するので、自分に合った高さの枕を選ぶことも大事です。身体を休めるために睡眠を取るのですが、枕が合わないと肩や首に負担がかかって身体が休めないことになります。病院の診察で緊張型頭痛と診断されたら、処方された薬をきちんと飲むことが大事です。それと同時に、患部を温めてこりをほぐすことも必要です。例えばマッサージや蒸しタオルなどで患部を温め、肩や首の筋肉のシコリをほぐします。またストレスを抱えていると頭痛が悪化するので、気分転換をすることも大事です。病院でストレッチの仕方などをアドバイスしてくれる場合もあります。