緊張型頭痛はとっても厄介【慢性化しやすいから早期治療が肝心】

男性医師

頭痛の7割を占める症状

外人男性

ストレスの解消が重要

頭痛が持病という人はたくさんいます。その中の7割の人が緊張型頭痛だと言われています。頭痛には偏頭痛や群発頭痛をはじめ色々な種類がありますが、最も多いのが緊張型頭痛です。緊張型頭痛は肩や首の緊張から起こるケースが多く、肩こり頭痛や筋収縮性頭痛とも呼ばれることもあります。放置しておくと頭痛の発生頻度が多くなり、そのうち慢性化してしまう危険があります。そうならないためには早期の治療が大切です。緊張型頭痛が発症する原因として、長時間悪い姿勢でいたり、精神的なストレスなどがあります。治療としてはストレスを解消させる方法が行われます。市販されている鎮痛薬や頭痛薬も効果がありますが、長期にわたって服用すると胃に負担がかかったりするので、必ず医師の指導を受ける必要があります。ストレスを解消させる方法としては、抗うつ薬や抗不安薬などが処方されることもあります。人気があるのは温熱療法や電気治療とマッサージを組み合わせた治療法です。身体全体がリラックスできて、硬くなった筋肉をほぐすので気持ちよくなります。また漢方薬による体質改善なども人気があります。

予防効果のある事

緊張型頭痛の症状の特徴は、後頭部を中心に頭全体が締め付けられるような鈍い痛みです。時々痛みが出る反復性緊張型頭痛と、毎日症状が出て3ヶ月以上も続く慢性緊張型頭痛の2つのタイプがあり、それぞれに治療法や対処法が違ってきます。また予防法としては、頭や首や肩の筋肉をほぐすことが大切です。同じ姿勢をするデスクワークなどでは、時々頭を回したり背筋を伸ばしたりすると効果的です。定期的にマッサージに通ったり、ストレッチを行うのも予防効果があります。普段から首や肩がこりやすい人や日頃からあまり運動をしない人は緊張型頭痛になりやすいので、特に注意が必要です。温めのお湯にゆったりと入浴して全身をリラックスさせるのもストレス解消になりますし、筋肉を緊張から解き放つので効果があります。仕事上で大切な人と会ったり、責任ある仕事をまかされているとストレスが溜まりやすくなります。そのような人は自分なりにストレスを解消する工夫をすることが大事です。気分転換する時間を持つと、気分が一新できて効果があります。