緊張型頭痛はとっても厄介【慢性化しやすいから早期治療が肝心】

男性医師

緊張型の頭痛

女性

緊張型の頭痛

緊張型頭痛というものをご存知でしょうか。緊張型頭痛とは、ストレスを原因として自律神経のバランスが乱れるために起こる頭痛です。自律神経が乱れることで、全身の筋肉が緊張し、血液の流れが悪くなります。そうすると筋肉が乳酸がたまり、頭痛を引き起こすのです。緊張型頭痛を改善するためには、リラックスして筋肉をほぐしてあげる必要があります。そのためにストレスを溜めないような生活をする必要があります。適度な運動やクエン酸は乳酸を分解しますから、筋肉のコリ・緊張に効果があります。またマッサージやストレッチをすることでも、同様の効果が得られます。りラックス方法に関しては、自分にあったものを探す必要があります。ポピュラーなリラックス・ストレス解消方法は、入浴やリラックス音楽、瞑想といったものです。その他にも、趣味など何か没頭できるものがあると良いですが、細かい作業やゲームなどは神経を使うため注意が必要です。心配事がある場合は先に解消しましょう。精神的ストレスを溜めないためです。万が一解消できなくても、改善に向けて努力することが大切です。

自律神経と頭痛の関係

緊張型頭痛は自律神経の乱れが原因で起こる症状ですが、その状態を放置しておくことで、自律神経失調を招く場合があります。自律神経失調は、自律神経の乱れが慢性化した場合に起こります。緊張型頭痛のような原因不明の心身の不調が随所に見られるようになるため注意が必要です。緊張型頭痛を避けるためには、ストレスを解消すること、リラックスすることが大切だと書いてきました。そのようにして、自律神経のバランスを整えることが最も大切なのです。自律神経のバランスを整えるためには、規則正しい生活習慣を身に着ける必要があります。昼夜逆転生活、暴飲暴食、運動不足、などは、どれも自律神経の働きを弱めます。自律神経の働きを強めるためには、副交感神経を活発にする必要があります。副交感神経は交感神経の暴走を抑える働きがあるため、精神の安定に必要不可欠な神経です。副交感神経を活発にするためには、セロトニンの分泌量を増やす必要があります。セロトニンはリズミカルな生活・運動をしたり、日光を浴びたりすることで分泌される神経伝達物質で、副交感神経の働きを高めて、精神の安定させる効果があります。