緊張型頭痛はとっても厄介【慢性化しやすいから早期治療が肝心】

男性医師

医師に相談しよう

男性

日常生活の改善も大切

首筋から肩にかけて緊張状態が起こることで、頭痛が起こるという特徴を持つのが、緊張型頭痛です。緊張型頭痛の痛みは、頭が重苦しく感じられたり、締め付けられるようなもので、長時間続きます。場合によっては目眩を伴う場合もあります。我慢することが出来ないほど強い痛みというわけではありませんが、慢性化すると片頭痛のような強い痛みを伴うようになる場合もあります。頭痛のタイプを自己判断するのは非常に難しいので、病院で診察を受けるということが大切です。病院で行われる緊張型頭痛の治療としては、薬物療法が中心となります。一人ひとりの体質や状態に合わせて内服薬を組み合わせる場合もありますので、確認するようにしましょう。病院での治療も大切ですが、日常生活を見直すということも大切です。特に、精神的なストレスを日常的に感じているという場合には、そのストレスが体の緊張に繋がる可能性がありますので、ストレスの原因を取り除くように心がけるようにしましょう。内服薬は、用量・用法を守ることが大切です。

早めに受診しよう

緊張型頭痛の診療を受けることが出来る病院を探しているのであれば、まずはかかりつけ医があるようであれば、そこに相談するようにしましょう。必要に応じて専門医を紹介してもらう事が出来ます。もし、かかりつけ医がいないという場合であれば、頭痛外来がおすすめです。頭痛外来とはその名の通り、頭痛の診療を専門的に行なっている診療科です。頭痛の種類は非常に多く、原因も人それぞれ異なります。適している治療方法もそれぞれ異なりますので、治療には専門的な知識・豊富な経験が必要となる場合もあります。頭痛外来であれば、豊富な経験を持つ医師による診療を受けることが出来ます。頭痛の原因の中には、重大な病気が隠されている場合があります。そのため、MRIやCTなどの検査を行う場合もあります。感じたことのないような痛みがあった場合や市販の内服薬を使用しても痛みが軽減されないような場合には、早めに病院を受診するようにしましょう。内服薬を使用する場合には、痛みが強くなる前に服用するようにしましょう。