緊張型頭痛はとっても厄介【慢性化しやすいから早期治療が肝心】

ドクター

慢性頭痛の中で一番多い

悩む女性

概要と説明

緊張型頭痛は数ある慢性型頭痛の中でも一番発症者が多い頭痛です。緊張型頭痛は身体的な負担と精神的な負担が複雑に影響し合って発症すると考えられています。身体的負担はパソコン作業のような頭から肩に掛けて負担となる行動を長時間続けることで発症します。また身体に負担の掛かる姿勢を長時間に渡って取り続ける事も緊張型頭痛のリスクを高めます。一方の身体的負担については、過度な緊張や重度のストレスなどを溜め込んだ結果、緊張型頭痛を発症してしまうようです。神経質な人や几帳面な人ほど発症しやすい傾向があります。緊張型頭痛は片頭痛のような立つ事が困難になるほどの強烈な痛みではありません。我慢できる程度の鈍い痛みが数時間から一週間くらい続きます。緊張型頭痛は数日に一度で反復的に起こるタイプと持続的に続くタイプの二種類があります。緊張型頭痛は他の頭痛と異なり、強い疲労感を身体に残します。特に首や肩への疲労感が強いとされています。逆に頭痛を発端とする吐き気や嘔吐はありません。発症年齢は広範囲で子供から大人、老人に至るまで発症します。

症状の改善と対策

緊張型頭痛の治療は身体的・精神的な負担を上手く取り除く事です。緊張型頭痛を発症する人は、デスクワークを長時間行っている場合が多く、全体的に運動不足の傾向があります。定期的に机から離れ、身体をリラックスさせる事が緊張型頭痛の予防になります。さらに休みの日などはウオーキングや体操などを行って、身体の健康を保つ事が大切です。身体を動かす事によってストレスの解消にも繋がり、精神的な負担も軽減できます。また頭痛を抑えるなら市販の薬でも効果は得られますが、本質的は解決にはなりません。しかし、身体的負担・心的負担を取り除く最も最適な方法は病院に行く事です。特に緊張型頭痛は生活に支障をきたすレベルの症状ではない事から、忙しい生活の中で本格的な対策が後回しにされてしまう傾向があります。その結果、緊張型頭痛が片頭痛と合併してしまう人も存在します。生活改善のアドバイスも病院の医師と相談する事で、より確実に実行できるでしょう。薬の方も病院で処方されたものは市販のものより有効です。まずは頭痛と侮らずに病院へ行く事が推奨されます。

医師に相談しよう

男性

頭痛にはいくつかの種類があります。その中の一つに、緊張型頭痛があります。痛みが強い場合には、病院での治療がおすすめです。痛みが強い場合などには、検査が必要となる場合もありますので、早めに受診するようにしましょう。

View Detail

頭痛の中でも特に多い

お医者さん

頭痛に悩んでいる人はたくさんいますが、最近増えているのが緊張型頭痛です。頭の横の筋肉や首や肩の筋肉が緊張して痛みが出るのです。一日中同じ姿勢をしている人に発症しやすい特徴があり、自分でストレッチをして首や肩の血行を良くする必要があります。うつ病などが原因のこともあるので、病院で診察を受けることが大事です。

View Detail

頭痛の7割を占める症状

外人男性

頭痛持ちの人は多勢いますが、そのうちの7割が緊張型頭痛だと言われています。首や肩こりから発症する子とが多く、放置しておくと慢性化する恐れがあります。治療法としては薬物が使用されますが、胃に負担がかかるので医師の指導が必要です。大事なのは予防することで、マッサージやストレッチが効果があります。

View Detail

緊張型の頭痛

女性

緊張型頭痛の原因はストレスによる自律神経の乱れです。それを解消するためには、筋肉のコリ・緊張をほぐし乳酸を分解すること、ストレッチや入浴などでストレス解消をすること、心配事を溜めないこと、規則正しい生活をしてセロトニンを分泌させ自律神経を整えること、などが大切です。

View Detail

緊張と頭痛の関係

ナース

緊張型頭痛は多くの人が発症するものですが、対処せずにいると他の症状を発症したり、重篤な病気を発症する可能性もあるので注意が必要です。緊張型頭痛にならない為には心と身体を緊張状態から解放するのが効果的です。

View Detail